山岡和雅の「ダックビル為替研究所」
 

2015年04月09日(木)

世界初となる10年物新発国債利回りマイナスに 〜スイス中銀 [経済]

日にスイス中銀が実施した10年もの国債の入札は-0.055%と、
10年もの国債入札として世界で始めてマイナス金利を記録しました。

ECBの積極緩和姿勢もあり
ユーロ圏内やスイス、北欧などで国債利回りがマイナスというケースが増えていますが
長期金利の指標である10年物までマイナスとなったのは
さすがに今回のスイスが初めてです。

1月に対ユーロでのスイスフランの上限を撤廃し
市場を大混乱させたスイス中銀。
もっとも、その後もユーロ買いスイス売りの介入を継続するなど
スイス高阻止の姿勢は崩していないものの
上限設定時に比べてスイス高の状況を受けて
もともとデフレ気味だった物価状況がさらにデフレとなっており
更なる追加緩和に踏み込まざるを得ないとの思惑が
マイナス金利を誘っている模様です。

主要政策金利であるレポ金利こそぎりぎりプラス圏(+0.05%)ながら
中銀預金金利が-0.20%とマイナス圏にあるECBに対抗して
中銀預金金利を-0.75%としているスイス
(政策金利である3ヶ月物レポ金利目標は-0.25%〜-1.25%)。
ここからの追加緩和となると
さらに金利を引き下げるか
スイス国債の買い入れを行うか。
ただ、3年4ヶ月にも及んだ対ユーロでのスイス高防衛を受けて
スイスは外貨準備が拡大、
スイス中銀のバランスシートが膨れ上がっています。。

国民投票で否定されたとはいえ
資産の一部(1/5)を金準備とすることを義務づける法案が提出されるなど
バランスシート拡大に対する一部で批判も強いだけに
中銀としては今後も難しい舵取りが続きそうです。



Posted at 13時32分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

株式会社GCI総研

チーフストラテジスト

山岡“ダックビル”和雅

1992年チェースマンハッタン銀行入行、外国為替ディーラーの世界に。1994年ナショナルウェストミンスター銀行(2000年に合併のためロイヤルバンクオブスコットランド銀行に行名変更)に移り、2003年3月まで10年以上にわたってインターバンクディーラーとして外国為替市場の最前線で活躍後、2003年4月からGCIグループに参画。現在GCI総研、チーフストラテジストとして情報配信サイトKlugクルークを中心に為替情報の配信や、セミナー講師などを行う。(社)日本証券アナリスト協会検定会員。

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

2015/4

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2012 PhiConcept,inc All rights reserved.