山岡和雅の「ダックビル為替研究所」
 

2015年05月20日(水)

ギリシャショック、注目は6月末か [為替]

今週21日、22日の欧州首脳会合でもギリシャ債務問題の進展は難しいと見られ
警戒感が強まっているギリシャ情勢。
直近では6月5日に迫るIMF向け債務支払い3億ユーロが用意できないのではとの思惑が広がっている。
3億ユーロでまともにデフォルトするとは考えにくい
(公的債務として大きな金額とは流石にいえない)ものの
緊急流動性支援ELAのヘアカット率拡大などにつながると
早期に懸念が拡大する。

ECBもここは重々承知で
ELAのヘアカット拡大は実施しないことを明言しているが
圧力拡大は避けられないところ。

現行でのELAの承認枠800億ユーロに関しては
潤沢な担保を保持しており、
現行のヘアカット率では950億ユーロ程度までは耐えられる見込み。

ただ、現状で毎週15億から20億ユーロ程度の流出があると見られており
これまで同様に小額ずつ承認枠が引き上げられて
担保ぎりぎりまで行ったとしても
6月末ごろにはいっぱいいっぱい
デッドラインはこのあたりか。



Posted at 23時30分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

株式会社GCI総研

チーフストラテジスト

山岡“ダックビル”和雅

1992年チェースマンハッタン銀行入行、外国為替ディーラーの世界に。1994年ナショナルウェストミンスター銀行(2000年に合併のためロイヤルバンクオブスコットランド銀行に行名変更)に移り、2003年3月まで10年以上にわたってインターバンクディーラーとして外国為替市場の最前線で活躍後、2003年4月からGCIグループに参画。現在GCI総研、チーフストラテジストとして情報配信サイトKlugクルークを中心に為替情報の配信や、セミナー講師などを行う。(社)日本証券アナリスト協会検定会員。

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

2015/5

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2012 PhiConcept,inc All rights reserved.