山岡和雅の「ダックビル為替研究所」
 

2015年05月21日(木)

FOMC議事録 雑感 好悪混じる [為替]

20日NY午後(日本時間21日未明)に
FOMC(連邦公開市場委員会)議事録(4月28日、29日開催分)が公表されました。

議事録でまず報じられたのが
参加者の多くが
6月のFOMCまでに得られるデータがFF金利目標引き上げの条件を満たす十分な根拠を与える可能性は低いとした部分。
これにより、元々可能性が低かった次回FOMCでの利上げ期待がさらに後退しました。
CMEFEDWATCHでの利上げ見通しが0%となるなど
6月の利上げについてはここ数ヶ月否定的な見方がほとんどでしたが
ここにきてサンフランシスコ連銀総裁が利上げは早めに実施してゆっくりが望ましいなどと発言したこともあり
一部で期待が出ていたため
市場は一応ドル売りで反応しました。

その他の内容については
好悪入り混じる印象。
前期比年率わずか+0.2%にとどまった第1四半期GDPに関連しては
厳しい寒波、西海岸で起こった港湾ストなど
一時的な要因の強調が見られ
経済が本格的に鈍化したのではなく、
一時的要因で数字が落ち込んだとの見方を示しました。
これは好材料です。

一方で当初判断よりも個人消費の勢いが変えている可能性について言及。
数人の参加者が経済成長の下振れリスクが前回FOMCよりも高まったとの判断を示したことは
弱い材料です。

これらを勘案すると、年内の利上げ気体は十分残るものの
先送りの可能性もあり
とりあえず6月は見送りという印象。
市場も見通しを偏らせないような動きとなりました。



Posted at 08時53分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

株式会社GCI総研

チーフストラテジスト

山岡“ダックビル”和雅

1992年チェースマンハッタン銀行入行、外国為替ディーラーの世界に。1994年ナショナルウェストミンスター銀行(2000年に合併のためロイヤルバンクオブスコットランド銀行に行名変更)に移り、2003年3月まで10年以上にわたってインターバンクディーラーとして外国為替市場の最前線で活躍後、2003年4月からGCIグループに参画。現在GCI総研、チーフストラテジストとして情報配信サイトKlugクルークを中心に為替情報の配信や、セミナー講師などを行う。(社)日本証券アナリスト協会検定会員。

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

2015/5

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2012 PhiConcept,inc All rights reserved.