山岡和雅の「ダックビル為替研究所」
 

2015年05月28日(木)

売りあがり目立ち止まらないドル円 [注目材料]

28日の東京市場でドル円は2002年12月以来となる124.30近辺まで上値を伸ばした。
前日に124円台を示現し
流石に一服感が指摘されていたが
押し目が鈍く、買いが止まらない状況。

前日の麻生財務相に続き
菅官房長官が
急激な為替変動は好ましくない、今回の動きは引き続き注視していきたいと発言
菅官房長官は
前日に123円台急激な変化とまでは言えないとの発言から
一転して姿勢を変えるような発言を行ったが
円安抑制効果は薄く
高値トライの勢いが止まらなかった。

FX市場での個人のポジションを発表しているところを見ると
今回の局面では売りポジションが膨らむ格好となっている。

一般的に上昇局面では買いポジションが膨らみ、
調整の動きを誘うが
値ごろ感からの売りが広がることで
押し目ですぐに買いが入り調整が限定的に、
また、ストップの買いを誘発することで
状況局面の勢いを増すという結果に。
日経平均の10連騰もふくめ
流石に調整が入りそうな局面となっているが
もう一段の買いが入ってもおかしくない展開に。



Posted at 14時28分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

株式会社GCI総研

チーフストラテジスト

山岡“ダックビル”和雅

1992年チェースマンハッタン銀行入行、外国為替ディーラーの世界に。1994年ナショナルウェストミンスター銀行(2000年に合併のためロイヤルバンクオブスコットランド銀行に行名変更)に移り、2003年3月まで10年以上にわたってインターバンクディーラーとして外国為替市場の最前線で活躍後、2003年4月からGCIグループに参画。現在GCI総研、チーフストラテジストとして情報配信サイトKlugクルークを中心に為替情報の配信や、セミナー講師などを行う。(社)日本証券アナリスト協会検定会員。

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

2015/5

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2012 PhiConcept,inc All rights reserved.