山岡和雅の「ダックビル為替研究所」
 

2006年11月09日(木)

YouTubeと中間選挙 [コラム]

今回、大接戦となったバージニア上院選
結果はわずか7236票差(AP通信より)で
民主党新人のウェブ候補が
共和党現職のアレン候補を打ち破りました。

ジョージ・アレン上院議員といえば
共和党の次期大統領候補として名高い、かなり有名な人物です。

で、なぜそのような候補者が落選という憂き目に陥ってしまったのか。
これは、インターネットの力というか
最近日本でも利用者の多いYouTubeの力によるものが
かなり大きな部分を占めています。

このアレン氏という人物、
共和党の保守派の重鎮なのですが
何せ失言の多いひとでして
アメリカの石原慎太郎と呼ぶ人もいるぐらい(^^)。

で、今回の選挙戦で何をしたのかというと

遊説中の演説で、民主党側からスパイに来ていたインド系アメリカ人の青年を見て
「そこにいる黄色いシャツを着ている『マカカ』だか何とか言うやつ、対立候補から来ているんですよ。『マカカ』を歓迎してあげようじゃないですか、アメリカへ、バージニア州の現実世界へようこそ」
とやらかしてしまいました。

ちなみに件の演説の模様(youtubeより)
http://www.youtube.com/watch?v=9G7gq7GQ71c

マカカ というのは、ようはサルのこと
(正確にはサルの属の名前、ニホンザル、カニクイザルなどがマカカ属に含まれる)

思いっきり人種差別発言・・
そりゃ負けるよ というところですね。

本来、超小規模の集会で、観衆もサル扱いされた青年を除くと
全員白人ということで油断したんでしょうが、
この動画がYoutubeにのって全米で大人気(?)に。
有権者の支持を一気に失って今回の体たらくという具合です。

それこそ一昔前ならば、この手の失言はここまで広まらなかったのでしょうが
YouTubeの力といったところです。
こわいっすね。
まぁ、こんな発言をする人が大統領になられたら、
有色人種の身としては、困ったもんだというところもありますので
良かったかなという気も。
(これでもう大統領選の目はないでしょう、さすがに)



Posted at 11時38分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

株式会社GCI総研

チーフストラテジスト

山岡“ダックビル”和雅

1992年チェースマンハッタン銀行入行、外国為替ディーラーの世界に。1994年ナショナルウェストミンスター銀行(2000年に合併のためロイヤルバンクオブスコットランド銀行に行名変更)に移り、2003年3月まで10年以上にわたってインターバンクディーラーとして外国為替市場の最前線で活躍後、2003年4月からGCIグループに参画。現在GCI総研、チーフストラテジストとして情報配信サイトKlugクルークを中心に為替情報の配信や、セミナー講師などを行う。(社)日本証券アナリスト協会検定会員。

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

2006/11

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2012 PhiConcept,inc All rights reserved.