山岡和雅の「ダックビル為替研究所」
 

広告

2012年01月18日(水)

動けない [これからの見通し]


マーケットを主導するユーロが
ギリシャ政府と民間債務団の交渉状況を見守るモードに入っていて
動きが出にくくなっています。

週末に交渉決裂が報じられた同交渉は、
今日から再開が報じられています。
ただ、現状では民間債務団があっさりと折り合う可能性は低く、
今週発表された格付け会社フィッチのアナリストレポートで
3月20日に予定されるギリシャの約145億ユーロともいわれる大量の償還について
ギリシャ政府が資金を用意できず、デフォルト(債務不履行)に陥るという見方を示すなど
不透明感が漂っています。

債務団側としては、
無秩序なデフォルトは避けたいが
なるべく減免を減らし、損失を軽減したいといったところ。
無秩序なデフォルトを避けたいという意向は
EUなどとも一致するだけに
ドイツなどの関与をなるべく増やすなどの交渉を
ぎりぎりまで続けようといったところかもしれません。

戻り売りの意識は変わりませんが
ちょっと様子見。

Posted at 16時25分 パーマリンク


2012年01月17日(火)

ユーロの調整本格化、売りのチャンスか? [これからの見通し]

ユーロの買戻しが強まっています。
金曜日にS&Pがフランスなどユーロ圏9カ国の格付けを引き下げたこともあり
ユーロは対ドルで1.28台後半から1.26台前半まで売り込まれましたが
ここにきて1.27台後半までと
かなりの戻しをみせています。

週末報じられたギリシャと民間債務団の交渉決裂や
月曜日の海外市場で報じられたEFSF(欧州金融安定化ファシリティ)格下げなどをうけても
ユーロ安が思ったほど進展しなかったことで
市場のユーロ売りポジションがパンパンになっていることが印象付けられ
短期筋の買戻しを誘っている格好といえます。。

売り遅れた向きが1.27台半ばから断続的に売りを指していますが
元々のポジションの偏りが大きいだけに
戻りの動きが継続しています。

この後18時半にスペイン、20時にEFSFの入札が予定されていますが
ともに短期債であり、
需要は旺盛と考えています。
先月の資金供給オペ以降、短期資金がだぶつき気味の欧州金融機関にとって
短期債への需要はかなり大きいと見られるからで
実際、10年債などが高止まりするイタリアなどでも
比較的期近の債券は利回りが低下するなど
買いが強まっていることがわかります。

予想通り入札が順調となると
現状の調整の動きも、もう一段強まる可能性もあります。

もっとも、ユーロのおかれている状況的に
流れが反転することも難しいと思われ
大きく戻ったところは、売りのチャンスではという
個人的な見方は継続です。

Posted at 17時12分 パーマリンク


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

株式会社GCI総研

チーフストラテジスト

山岡“ダックビル”和雅

1992年チェースマンハッタン銀行入行、外国為替ディーラーの世界に。1994年ナショナルウェストミンスター銀行(2000年に合併のためロイヤルバンクオブスコットランド銀行に行名変更)に移り、2003年3月まで10年以上にわたってインターバンクディーラーとして外国為替市場の最前線で活躍後、2003年4月からGCIグループに参画。現在GCI総研、チーフストラテジストとして情報配信サイトKlugクルークを中心に為替情報の配信や、セミナー講師などを行う。(社)日本証券アナリスト協会検定会員。

活動状況・著書

Klugクルーク
Klugクルーク
為替・海外投資・ヘッジファンドに関するニュース・レポート・コラムを掲載
はじめての人のFX基礎知識&儲けのルール
FXの基本知識から設けるルールまでを解説
外貨投資ネットでラクラク儲かる方法
儲かるトレーディングを目指した、投資初心者向けの超入門書

2017/8

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

FX-BLOGモバイル

FX-BLOGモバイル
iPhone/touchからFX-BLOG.JPへアクセス(詳細はこちら
FX-BLOGモバイル
ケータイでバーコードを読み取りアクセス(詳細はこちら
 

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2012 PhiConcept,inc All rights reserved.