山岡和雅の「ダックビル為替研究所」
 

広告

2015年05月24日(日)

貿易赤字など受けて大幅下方修正見込み 〜米GDP [注目材料]

今週末29日に米1−3月期GDPの改定値が発表されます。
速報値ベースで前期比年率+0.2%と
事前見通しの+1.0%や14年10−12月期の+2.2%を大きく下回り
米景気回復への警戒感を誘った同指標。
今回の改定値では更に大幅な下方修正が警戒されています。

下方修正見込みの最大の理由が
予想以上の膨れ上がった貿易赤字。
5月5日に発表された3月の米貿易収支は
赤字額が前月比43.1増の514億ドルと
2008年10月以来となる高水準の赤字額まで膨れ上がりました。
輸入はGDPのマイナス要因。
インフレ調整後の実質ベースでの赤字額は672億ドル。
速報時点で米商務省が推計した452億ドルをはるかに上回っています。
同数字のギャップだけを見ると
GDPの改定値は大きくマイナスとなります。

ただし、この数字はやや微妙なところもあります。
輸入増が民間在庫の積み増しにつながっていれば
こちらはGDPのプラス要因。
民間在庫は事前予想が最も難しい部門の一つで
予想からのブレの最大要因だけに
なんとも言えないところです。

なお、その他部門に目を向けると
5月1日に発表された3月の米建設支出が
予想の+0.5%に対して-0.6%と
予想外のマイナスに
支出額は9666億ドルで昨年9月以来の低水準となりました。
民間住宅建設支出などが大きく落ち込んでおり
こちらもGDPのかなり大きなマイナス材料です。

在庫見通しという不透明要素はありますが
改定値ベースでのGDPマイナスは十分ありそうなところ。
今のところ予想値は前期比年率-0.9%と
かなりの落ち込みになっています。

予想前後の数字が出てくると
年内利上げ期待の後退につながり
ある程度ドル売りの材料となりそう。
特に下げ幅が1%を超えてくると
心理的なインパクトも大きいだけに
要注意となります。

Posted at 08時30分 パーマリンク


2015年05月21日(木)

FOMC議事録 雑感 好悪混じる [為替]

20日NY午後(日本時間21日未明)に
FOMC(連邦公開市場委員会)議事録(4月28日、29日開催分)が公表されました。

議事録でまず報じられたのが
参加者の多くが
6月のFOMCまでに得られるデータがFF金利目標引き上げの条件を満たす十分な根拠を与える可能性は低いとした部分。
これにより、元々可能性が低かった次回FOMCでの利上げ期待がさらに後退しました。
CMEFEDWATCHでの利上げ見通しが0%となるなど
6月の利上げについてはここ数ヶ月否定的な見方がほとんどでしたが
ここにきてサンフランシスコ連銀総裁が利上げは早めに実施してゆっくりが望ましいなどと発言したこともあり
一部で期待が出ていたため
市場は一応ドル売りで反応しました。

その他の内容については
好悪入り混じる印象。
前期比年率わずか+0.2%にとどまった第1四半期GDPに関連しては
厳しい寒波、西海岸で起こった港湾ストなど
一時的な要因の強調が見られ
経済が本格的に鈍化したのではなく、
一時的要因で数字が落ち込んだとの見方を示しました。
これは好材料です。

一方で当初判断よりも個人消費の勢いが変えている可能性について言及。
数人の参加者が経済成長の下振れリスクが前回FOMCよりも高まったとの判断を示したことは
弱い材料です。

これらを勘案すると、年内の利上げ気体は十分残るものの
先送りの可能性もあり
とりあえず6月は見送りという印象。
市場も見通しを偏らせないような動きとなりました。

Posted at 08時53分 パーマリンク


2015年05月20日(水)

ギリシャショック、注目は6月末か [為替]

今週21日、22日の欧州首脳会合でもギリシャ債務問題の進展は難しいと見られ
警戒感が強まっているギリシャ情勢。
直近では6月5日に迫るIMF向け債務支払い3億ユーロが用意できないのではとの思惑が広がっている。
3億ユーロでまともにデフォルトするとは考えにくい
(公的債務として大きな金額とは流石にいえない)ものの
緊急流動性支援ELAのヘアカット率拡大などにつながると
早期に懸念が拡大する。

ECBもここは重々承知で
ELAのヘアカット拡大は実施しないことを明言しているが
圧力拡大は避けられないところ。

現行でのELAの承認枠800億ユーロに関しては
潤沢な担保を保持しており、
現行のヘアカット率では950億ユーロ程度までは耐えられる見込み。

ただ、現状で毎週15億から20億ユーロ程度の流出があると見られており
これまで同様に小額ずつ承認枠が引き上げられて
担保ぎりぎりまで行ったとしても
6月末ごろにはいっぱいいっぱい
デッドラインはこのあたりか。

Posted at 23時30分 パーマリンク


2015年05月17日(日)

プラス成長も伸びは鈍いか 〜日本1-3月期GDP [注目材料]

今週20日の8時50分に日本の1-3月期GDP(速報値)が発表されます。
消費増税の反動減から昨年は4-6月期が前期比-1.6%、7-9月期が-0.7%と
前期比マイナス成長が続き
前回の10-12月期で何とか+0.4%まで回復を見せました。
消費増税前の駆け込み需要で
2014年の1-3月期が+1.3%と好調だったこともあり、
2014年通年としてのGDPは四捨五入で0.0%となっていますが
正確には-0.03%とわずかながらマイナス成長になっています。
そして、消費増税前の駆け込み需要分がなくなり
今回の1-3月期分が加わる2014年度としてのGDPは
しっかりマイナス成長となる見込みです。

今のところは前期比+0.4%と10-12月期と同水準の成長が見込まれています。
前期比年率では10-12月期の+1.5%から+1.6%に改善の見込みですが
あまり元気のいい数字とは言いにくいところ。
もっとも、2014年度のマイナス成長がすでに織り込まれていることから
予想前後の数字が出てくると
黒田日銀のシナリオを崩すほどの弱さとはいいがたい面もあります。

もっとも予想を下回り、前回よりも低いもしくはマイナスの結果が出てくると
昨年10月に行われた追加緩和の影響への懸念が広がります。
この場合追加緩和への思惑が広がり、
円安となる場合もありますので要注意です。

なお、GDPの翌日21日から二日間
日銀金融政策決定会合が行われます。
GDPの結果が直ぐに同会合に現れてくるとは考えにくいですが
あまりに弱めの数字が出た場合は
事前に緩和期待が広がる可能性がありますので
要注意です。

Posted at 08時30分 パーマリンク


過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

株式会社GCI総研

チーフストラテジスト

山岡“ダックビル”和雅

1992年チェースマンハッタン銀行入行、外国為替ディーラーの世界に。1994年ナショナルウェストミンスター銀行(2000年に合併のためロイヤルバンクオブスコットランド銀行に行名変更)に移り、2003年3月まで10年以上にわたってインターバンクディーラーとして外国為替市場の最前線で活躍後、2003年4月からGCIグループに参画。現在GCI総研、チーフストラテジストとして情報配信サイトKlugクルークを中心に為替情報の配信や、セミナー講師などを行う。(社)日本証券アナリスト協会検定会員。

活動状況・著書

Klugクルーク
Klugクルーク
為替・海外投資・ヘッジファンドに関するニュース・レポート・コラムを掲載
はじめての人のFX基礎知識&儲けのルール
FXの基本知識から設けるルールまでを解説
外貨投資ネットでラクラク儲かる方法
儲かるトレーディングを目指した、投資初心者向けの超入門書

2015/5

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

FX-BLOGモバイル

FX-BLOGモバイル
iPhone/touchからFX-BLOG.JPへアクセス(詳細はこちら
FX-BLOGモバイル
ケータイでバーコードを読み取りアクセス(詳細はこちら
 

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2012 PhiConcept,inc All rights reserved.