【DMMMFX】証拠金シミュレーションツールの使い方や見方を解説

DMMFX証拠金シミュレーションサイトトップ画面

この記事ではDMMFXで用意されている証拠金シミュレーションツールの使い方や見方、また実際にDMMFXを利用したときの参考シミュレーションを紹介している。FX初心者が気になる「いくらから取引スタートできるのか?」といった疑問にも答えているため、ぜひ参考にしてもらいたい。

さらにFX取引をする上では欠かせない「必要証拠金」「証拠金維持率」「ロスカットライン」といった用語の説明についても分かりやすくまとめてみた。DMMFXは最短1時間程度で口座開設ができる便利な国内FX業者のため、FXに興味がある方にはチェックしていってもらいたいと思う。

\ お取引まで最短即日! /

口座開設はこちら(無料)

この記事の内容
1.【DMMFX】証拠金シミュレーションの使い方を解説!
1-1.DMMFXはいくらから取引ができる?
1-2.証拠金シミュレーターの使い方や見方は?
1-3.スマホでも証拠金計算ツールは使える?資金10万円のときのシミュレーション参考例
2.【DMMFX】実際に取引したときの利益計算などをシミュレーション
2-1.利益計算の方法や理解しておくべきポイント
2-2.DMMFXは0.1ロットから取引できる?
2-3.DMMFXでシステムトレードはできる?
総括:DMMFXには便利な証拠金計算シミュレーションツールがある!FX初心者におすすめ!

【DMMFX】証拠金シミュレーションの使い方を解説!

FXとは?DMMFX基礎知識紹介ページDMMFX

DMMFXには初心者向けの証拠金シミュレーションツールが用意されている。この証拠金シミュレーションツールを使えば、対象の通貨ペアが「いくらから取引できるのか?」がすぐに分かるので非常に便利だ。ただ、初心者からすると「証拠金とは何か?」といった疑問もあると思う。そこで、まずは基本的な部分から解説をしていこう。

DMMFXはいくらから取引ができる?

先に結論から言うと、DMMFXはだいたい5~6万円くらいから取引を始めることが出来る。これは1ロット分のドル円を取引するのに必要な証拠金額となるが、そもそも証拠金とは何か?を分かりやすく説明していこう。

証拠金とは?
・証拠金には「必要証拠金」と「有効証拠金」の2種類がある
・注文を出すときに掛かる金額が「必要証拠金」
・口座に残っている資金+含み損益を合算した金額が「有効証拠金」
・DMMFXで取引をおこなう上では「有効証拠金≧必要証拠金」になっていないといけない
・必要証拠金額は「注文時レート×注文量÷25倍(レバレッジ)」の計算式で求められる

FX取引では注文に使う資金のことを「証拠金」と呼ぶ。たとえば1ドル100円のときに1ロット分の注文を出す場合には「100円×1万通貨(1ロット)÷25倍(レバレッジ)=4万円」が必要証拠金となる。この注文を出すときには口座に4万円以上の証拠金が入っていなければならない。

つまり、1ドル100円のときであれば4万円から取引できるということになる。これくらいの計算は上記の式さえ覚えれば暗算できるかもしれない。しかし、実際のレートはもう少し複雑だ。仮に1ドルが「133,522円」だった場合、すぐに証拠金を計算することは難しいだろう。そんなときに使えるのがDMMFXの「証拠金シミュレーションツール」だ。

証拠金シミュレーターの使い方や見方は?

DMMFXの証拠金シミュレーター画面は非常に見やすい設計となっている。取引したい通貨ペアを選び、現在レートを反映させて取引数量を入力するだけですぐに必要証拠金額が算出される。それでは実際の画面を見てみよう。

証拠金シミュレーションの参考例DMMFX

こちらがDMMFXの証拠金シミュレーター画面である。ご覧の通り、画面の上側に自分が操作する項目が並んでいるのだが、やることは「通貨ペアの選択」「現在のレートを設定」「取引数量の入力」「純資産額の入力」だけだ。上の画面では「ドル円=133.522円」のとき「1ロット」分の注文を通すときの必要証拠金を計算している。

なお、シミュレーターによって計算された必要証拠金額は53,408円である。その下に「ロスカットライン」や「維持率」といった項目が表示されているが、それぞれの意味を下記に分かりやすくまとめてみた。

基礎的なFX用語
・ロスカットライン:強制的にロスカットされる水準
・証拠金維持率:保有するポジションの証拠金と自身の残高との割合
・維持率100%:計算した時点で証拠金維持率が100%となるレート
・維持率50%:DMMFXではロスカットラインが50%のため、レートがいくらになったらロスカットされるのかを知る目安となる
・買いと売り:買い注文の場合は維持率100%や50%が現在レートより低くなり、売り注文の場合は現在レートより高くなる

 FX取引ではトレーダーが残高以上の損失を負わないよう、FX業者側が強制的にロスカットするラインを決めていることが一般的だ。このラインがDMMFXでは50%ということである。

たとえばドル円=100円のときの必要証拠金は4万円で、このときの維持率は100%となる。保有するポジションとは逆方向に値動きが進むと含み損が増えるため、口座の有効証拠金額(純資産)が目減りしていき維持率も下がる。この下がった維持率が50%を下回ったとき、強制的にポジションが決済されるということだ。

そして、こうした目安を知るためにDMMFXでは証拠金シミュレーションツールが用意されている。上の計算結果は「資金30万円を持っている人がドル円=133.522円のとき、1ロット分の買い注文を出した」ということを示しているが、この場合だとドル円レートが「105.635円」まで下がったときに証拠金維持率が50%となり強制ロスカットされるということだ。

もちろんこの結果は自分が持っている資産の額や注文量によって変わってくるので、FX初心者の方は取引をする前にシミュレーターを使って確認をしてもらいたい。

スマホでも証拠金計算ツールは使える?資金10万円のときのシミュレーション参考例

DMMFXの証拠金計算ツールはスマホでも使うことが可能である。

スマホで見たシミュレーションツールDMMFX

ご覧の通り、スマホの画面からでもDMMFXの証拠金計算ツールにはアクセスできる。必要な情報を入力すればロスカットラインの目安や維持率の計算がおこなえるため、ぜひ有効的に活用してもらいたい。

なお、こちらは資金10万円のときのシミュレーション結果である。これを見ると、先ほどの資金30万円のときより維持率50%に達するレートが高くなっていることが分かる。つまり、資金が少ない人ほどロスカットされるリスクが高まるということを覚えておこう。 

\ お取引まで最短即日! /

口座開設はこちら(無料)

【DMMFX】実際に取引したときの利益計算などをシミュレーション

DMMFXの特徴と特典DMMFX

ここからはDMMFXで口座開設をして、実際に取引をしたときの利益計算方法やその参考シミュレーションなどを紹介していく。

利益計算の方法や理解しておくべきポイント

FX取引を始めるのであれば、利益の計算方法を知っておきたいところだ。初心者の中には「FXはどういった仕組みで利益が出るのか?」という疑問を持っている人が少なくない。そこで、FXの利益計算方法を簡単にまとめてみた。

利益計算方法
【買い注文の場合】
「決済したときのレート」-「注文したときのレート」×ロット数×単位
例)「110円で決済」-「100円で注文」×1ロット×1万通貨=10万円の利益

【売り注文の場合】
「注文したときのレート」-「決済したときのレート」×ロット数×単位
例)「130円で注文」-「110円で決済」×1ロット×1万通貨=20万円の利益

分かりやすく言えば、買い注文ならレートが上がることで利益が増え、売り注文ならレートが下がることで利益が増えるということだ。DMMFXの取引には期限がないため、いつまでもポジションを持っていられる。自分が希望する利益が出たタイミングで決済をすれば、着実に稼いでいけると言えるだろう。

DMMFXは0.1ロットから取引できる?

DMMFXの最小取引量は1ロットからである。そのため、0.1ロットのような注文を通すことが出来ない。また、レバレッジの倍率も25倍固定となっているので、必要証拠金額を「現在レート×1ロット」よりも少なくすることは出来ないということを覚えておこう。

なお、ドル円で言えばだいたい5万円~6万円の資金が必要となる。これがユーロ円やポンド円になった場合はもう少し高くなるのだが、その計算も先ほど紹介したシミュレーションツールで算出が可能である。

DMMFXでシステムトレードはできる?

DMMFXはいわゆる自動売買ツールやストラテジーを使ったシステムトレードに対応していない。取引はすべて自分でおこなう裁量トレードのみとなっているため、初心者にとってはFXの勉強になるはずだ。なお、自動売買はできないが注文時に決済のレートを決めておき、そのレートに達したら自動的に決済をおこなうということは可能となっている。

総括:DMMFXには便利な証拠金計算シミュレーションツールがある!FX初心者におすすめ!

DMMFXなら最短1時間で口座開設完了DMMFX

この記事の要点
・DMMFXの証拠金シミュレーションツールはPCでもスマホでも使える
・現在レートもしくは指定レートから必要証拠金とロスカットラインの金額を調べることが可能
・DMMFXのロスカットラインは50%
・必要証拠金額は「注文レート×注文量÷25倍(レバレッジ)」で計算できる
・DMMFXの最小注文量は1ロットから

DMMFXで用意されている証拠金シミュレーションツールの使い方や見方を紹介してきた。ご覧いただいた通り、証拠金シミュレーションツールを使えば、初心者でも簡単に必要証拠金やロスカットラインを計算することが可能だ。取引したい通貨ペアと注文量、またレートを選んで計算すれば誰でも簡単にツールをこなせる。

なお、国内FX業者のロスカットラインは平均して100%あたりに設定しているところが多いため、DMMFXは比較的少ない証拠金で取引を進められる業者と言える。10万円~20万円くらいからFX取引を始めたい人にもおすすめのFX業者となっているため、ぜひ利用してもらいたいところである。

\ お取引まで最短即日! /

口座開設はこちら(無料)